読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観劇すること幾星霜。

ジル・リチャンヌが観劇の話をするぶろぐ。

邦画【愛の渦】2016.07.24チャンネルNECO

映画『愛の渦』

 

これなんなんやろ。

愛の渦見て欲についてぐるぐる考えてる。やっぱどうしても私には気持ち悪く見えるねんなあ。本能とかそういったサムシングは動物臭くて。人体キッッッショってみんなならん???

 

出演者が柄本時生さん、田中哲司さん、新井さん、滝藤さん、麦ちゃんってことで完全にキャスティングの好みと邦画的ディストピア感に釣られてチャンネルNECO日本映画専門チャンネルで見たけど、殺伐としてそうで殺伐としてない、ちょっと殺伐とした割り切り乱交パーティーって感じやった。

 

あらすじは、会員制ハプニングバーに集まった初対面の男女数人が朝まで取っ替え引っ替えセックスしまくり情が湧いたり揉めたりヤったりみたいな。

 

とにかく田中哲司が最高やなあ。出番自体は少ないのに、ぴりぴりした支配人の空気がすごくセクシーで、脱いでなくても一番色気を感じた。

店側の人間で言えば窪塚洋介も、本人自体不思議な空気を持った人やからこの客たちから一歩離れた、というか一歩分宙に浮いたようなキャラクターがぴったり合ってたように感じた。TOKYOTRIBEのときも思ったけど窪塚洋介、ちょっとスピリチュアル味があって好き。

 

なんというか、スーツも制服も脱いで仕事も家族も忘れて、ごく人間的な生活を全て投げ出してセックスする人はもう剥き出しのアニマリズムに人間性を吹き飛ばされて動物であるといっても過言ではないんちゃうん?

 

でも一通りヤッたら性欲回復するまで世間話したり、そういう部分から人間って真に動物にはなられへんのかなとも思えて、ムズカシイ。

性行為は本能的なものやけど、やっぱどうしても人間的な生活の中にあるもので私たちは獣のようになんて言っても本物の獣にはなられへん、のかな。それっていいことなのか、悲しいことなのか。私にはわかんない。

 

ハプニングバーで性行為を目的に集まった割り切りメンバーなはずやのに気づいたらニコイチ的な精神性が生まれててヤキモチ妬いたりそういうの、邪魔くさいよなあ。だからみんな性欲と感情の中で揺れ動いてわけわからんことになるんやろうな。

 

セックスの結果は結果でも、ただただ性欲の解消として集まった人間同士に生まれた人間関係っていう副産物と窪塚さん演じるスタッフに出来た「子供」はものすごく遠くて、セックスって行為自体は動物的でも人間的でもなくて、あとから私たち人間がつける意味次第なのかなって少し思った。

 

あと、役者さんはみんな凄く良かった!

門脇麦ちゃんの醸し出すあの雰囲気はひきこまれるというか、ちょっとしたドラッグみがあるよね。新井さんはシンプルにえろいし軽い雰囲気がちょっとこわいしそこがまたよくて、時生ちゃんは金髪パンク仕様で出番は少なかったけどそこそこインパクトがあって時生ちゃん大好きマンとしてはめちゃ満足でした。

 

愛とか性について悶々としてるなら一見の価値あると思います。

 

これ観たあと気になって大阪のハプニングバー事情についてちょっと調べてみたけど、ほんとに危険と隣り合わせ臭いし(身バレやら待ち伏せとかプライバシー系のものから病気まで)しかも映画見てるだけで息詰まりそうやのにこんな空気一晩中体験するとかやばすぎやと思った。アングラ性産業はまだ早いなと心から感じた二十歳の夏でした。

 

自分みたいに勇気ない人間が勇気出しちゃった時の微妙な空気感とか、ベッドまできた時の行為までの流れとか、ほんとに嫌になるくらいリアルで生々しくて、それが良かったり悪かったり、、、とりあえずみんな見て。