幾星霜

備忘録的自意識露出記

ノーコンキッド1話感想【媒体:TVer配信】

ノーコンキッド1話感想

 

ノーコンキッド、TVerで配信されていたので見ました!!めっちゃ面白かった…!!!

サムネイルにハマケンこと在日ファンクのリーダー浜野謙太さんが映っていたので吸い込まれるようにタップしてました。ちら見しようくらいの気持ちだったのに、気づけば1話観終わってました。すごい。

 

物語の舞台は90年代のゲームセンター、もとい駄菓子屋。

主人公はこの駄菓子屋の息子レイジ、演じるのは田中圭さんです。今期は「民衆の敵」で篠原涼子さんの旦那さん役で出てますね。

冒頭、特に興味のないゲームに囲まれていやいや店番をするレイジのシーンから始まります。カツアゲされるオタク、パチンコに行く父親、つまんないなーとグー垂れていたところになんとマブすぎる女の子が!これが波瑠さん演じる高野ちゃんです。

あまりのマブさに見とれるレイジ。その後彼女と仲良くなりたいがために自分がキッドと嘘をつき、ここからレイジのゲームライフが始まります。

 

当初の目的であるハマケンさんはレイジにゲームの世界を教える友達・キッド役です。このキッドくんは見た感じ優等生のオタク少年。ハマケンさんもう良い歳なのにどうしてそんな少年感出てるの…可愛い…衣装も中学?の制服着てるんだけどこれがまたか~わいいんだ~~~!!!!

 

キッドくんはゼビウスがめっちゃ強いゲーマーでノーコン完ストを目指すほどの腕前。

初心者のレイジにも優しくて、これから二人がどんな関係になるのかすっごく楽しみ!

 

気になる原案脚本は佐藤大さん。なんとなく見覚えのあるお名前だなと思ったらエウレカセブンの脚本の方でした。私エウレカ大好き…!

 

90年代のゲームとゲーマー精神がしっかり描かれていて当時の様子が何となくうかがい知れる感じがしてすごく良い…!アオイホノオの時も思ったけど、そう遠くない過去を舞台にした作品の当時の空気感、大好き。

 

時代設定が90年代と2013年をまたいでるみたいで、今後の展開が気になります。2013年の方はちょっと不穏そうだーー!!!

 

 

主題歌がTOKYO NO.1 SOUL SETなのもセンスありすぎ…モテキで聞いた()

全話配信されてるので1日1話のペースで見ていきます。

 

今から卒論に戻るぞ~~~!!